お知らせ

2018年の院長の研究実績

2018年に掲載された院長の論文は以下の通りです。
前任地の群馬大学からのものです。

Takahashi H, Sakakura K, Tada H, Kaira K, Oyama T, Chikamatsu K.
Prognostic significance and population dynamics of peripheral monocytes in patients with oropharyngeal squamous cell carcinoma.
(中咽頭癌患者における末梢血の変化と予後との関係)
Head Neck. 2019 Jan 12. doi: 10.1002/hed.25625. [Epub ahead of print]


Motokawa Y, Kokubo M, Kuwabara N, Tatematsu KI, Sezutsu H, Takahashi H, Sakakura K, Chikamatsu K, Takeda S.

Melanoma antigen family A4 protein produced by transgenic silkworms induces antitumor immune responses.
(遺伝子改変カイコが生産した悪性黒色腫抗原ファミリーA4タンパクは、抗腫瘍免疫応答を誘導する)

Exp Ther Med. 2018 Mar;15(3):2512-2518. doi: 10.3892/etm.2018.5703. Epub 2018 Jan 4.


現在1年がかりで英語原著論文を1本投稿中です。
引き続き当院の頭頸部免疫研究室のご支援をお願いいたします。

一覧へ